洋画レイプシーン: ミス・バイオレンス/Miss Violence

ミス・バイオレンス/Miss Violence

Chloe Bolota

11歳の少女アンゲリキ(Chloe Bolota)は誕生日のその日、自宅のバルコニーから身を投げた。アンゲリキの家族があくまで彼女の死は事故だったと主張する中、警察は彼女の自殺の動機を明らかにしようと捜査を続けていた。しかし警察の捜査が進む中、アンゲリキの家族はみな彼女の身に起きたことを忘れようとするだけでなく、彼女が今も生きているかのように振る舞っているのだ。そんな危うい均衡の中、アンゲリキの小さな弟が偶然に見つけてしまったある事実から、家族はアンゲリキが抱えていた秘密に直面することになる。

結局、このおとっつぁんが娘に売春させていて、しかも自分も犯っていたという話ですかな。鬼畜の所業ですな。この作品、ベネチア国際映画祭で銀獅子賞だそうですぞ。



  • 抜けた! (6)
  • 抜けない! (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。