洋画レイプシーン:鉄の男/Man of Iron

鉄の男/Man of Iron

1980年8月。ワルシャワ放送局のラジオ番組のニュース・リポーター、ヴィンケルは、大規模なストライキが行なわれているグダニスクに派遣された。ストライキが行なわれている造船所にもぐり込み、指導者マチェックを失墜させるのが目的だ。マチェックとその周辺の人物たちの資料を公安警察から受け取ったヴィンケルは、マチェックの妻アグネシカに会うことを勧められた。彼女は、かつてマチェックの父で“労働英雄”ビルクートのドキュメンタリーを撮り、それが縁でマチェックと結婚したのだが、労働者を支援したために今は拘置されたままだ。翌日グダニスク造船所の門の前で群衆に呼びかけているマチェックを発見したヴィンケルに声をかける者がいた。グダニスク放送局で会ったことのあるシデクで、彼はヴィンケルを局内の映写室に案内すると、70年の街頭デモのフィルムを見せ、マチェックについて語りはじめた。

名作にレイプシーンありですな。残念ながら女優さんのお名前がわかりませんが、こんなかわいい子にエッチなことしてけしからんですな。



  • 抜けた! (1)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。