洋画レイプシーン:Luz de domingo

Luz de domingo

Paula Echevarria
20世紀初頭のスペイン。アルバーノは小さな町の市庁舎に赴任してきた。彼は市長の秘書であり、理想主義的?でリベラルな若い男だった。町の政治は市長と対抗勢力に二分されていたが、アルバーノは中立を保とうとする。そんな中、ウルバーノは地主の娘エストレア(Paula Echevarria)と恋に落ちる。二人は結婚式の前日、森の中で二人だけの時間を楽しんでいたウルバーノの前に信頼していた使用人ロンギヌスとその息子たちがあらわれた。彼らはウルバーノを木に縛り付けて暴行し、エストレアをレイプした・・・

Paula Echevarriaさん、きれいですな。こういうきれいな女性がレイプされてしまうのは、何とも残念な気がします



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。