洋画レイプシーン:夜明けのマルジュ/La Marge

夜明けのマルジュ/La Marge

シルヴィア・クリステル
南フランスのとある田園地帯。シジスモンは、若く美しい妻と一人息子と幸せな日々を送っていた。ある日、シジスモンは伯父に彼の仕事の代理人としてパリに行って欲しいと頼まれた。パリの夜。シジスモンは、とあるバーで知りあった娼婦ディアナ(シルヴィア・クリステル)と一夜を共にした。翌日、彼は手紙を受け取った。妻が自殺したというのだ。彼はその悪夢のような手紙から逃れるために、再び夜の街へ出かけ、ディアナに会った。シジスモンの熱い情熱に、ディアナもいつしか商売とは別の想いが芽生えていた。シジスモンの、妻の死を信じまいとする気持が、いっそうディアナに近づけた。二人が別れた後、ディアナが客に惚れたことを知った支配人は激しく彼女を責めたてた。

シルヴィア・クリステルさんですな。やっぱりおきれいですな。私らの世代など、その名前を聞いただけで立ちますな。



  • 抜けた! (1)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。