洋画レイプシーン:Hi, Tereska

Hi, Tereska

Aleksandra Gietner

父親が事故で障害者となったことで幸せだった家庭は崩れ去った。父親は失業しアル中となり、母親は工場で働き家計を支えるが、夫や娘に冷淡な女になっていた。娘のテレスカ(Aleksandra Gietner)は内気で内向的だったが、ファッションデザイナーになる夢があり洋裁の学校に通っていた。そんなテレスカは学校でレナータという女子学生を知り合う。レナータは反抗的な生徒だったが、テレスカは彼女と親しくなっていく。テレスカはレナータにタバコや化粧を教わり、万引きにも手を出すようになる。徐々に生活が乱れていくテレスカは不良仲間に強引に処女を奪われ、そして彼女の人生は最悪な方向に向かってしまう。

モノクロですが、2001年のポーランドの作品ですぞ。趣がありますな。私はちょっと立ちましたぞ。


  • 抜けない! (4)
  • 抜けた! (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。