洋画レイプシーン:Gods

Gods

Anahí de Cardenas/Maricielo Effio

アンドレア(Anahí de Cardenas)とディエゴの姉弟は裕福な父親とともに海に囲まれた贅沢な別荘で暮らしている。父親は、20歳も年下の女性エリザ(Maricielo Effio)を家に連れてくる。彼女は美しかったが、貧しい育ちでその生活から抜け出そうとしていた。そんなエリザを父親は上流家庭の暮らしを教えるようディエゴに命じる。

中学生の頃でしたかな、友達の家族とスキーに行ったときのことですな。私と友達とそのお姉さんの三人で先乗りしたんですが、着いた早々猛吹雪でスキーどころではなかったんですな。仕方がないので宿でトランプなんかしてたんですが、そのうち何となく寝てしまいましてな。ふと目が覚めると隣に友達のお姉さんが寝てたんですな。当時高校生でしたかな、別に美人でもなく可愛くもなく何とも思っていなかったんですが、ちょっとおっぱいは大きかったんですな。で、そのおっぱいが目の前にあるんですな。本人は寝てますな。もちろん友達も寝てますな。そこに「ちょっとだけ」と悪魔が囁いたんですな。恐る恐る指で押してみましたぞ。結構な厚着でしたが、ムニュっという指先の感触はいまでも覚えてますぞ。起きる気配はありませんでしたが、それ以上エスカレートする度胸はもちろんなく、ムニュっというまだ生々しい感触と目の前のこんもりと盛り上がったおっぱいを見ながらオナニーしましたな。でもチンコ放り出すわけにもいかなかったんで、パンツがベトベトになって往生しましたな。これ観てたら遠い記憶が蘇りましたぞ。思えば、あれが初めて触ったおっぱいでしたな。


  • 抜けない! (2)
  • 抜けた! (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。