洋画レイプシーン:続エマニエル夫人/Emmanuellel 2: The Anti-Virgin

続エマニエル夫人/mmanuellel 2: The Anti-Virgin

シルヴィア・クリステル
ある日、エマニエル(シルヴィア・クリステル)は夫ジャンに会うため、彼の赴任先である香港へ向かった。そして客船に乗り込んだ彼女は、そこでひとりの女子学生に出会い、レズビアン行為に耽っていく。やがて香港に着き、ジャンと狂ったように抱き合うエマニエル。また彼女は一方で、彼のアパートに同居しているパイロットの存在が気になっていた。数日後、ある上流家庭のパーティに招かれたエマニエルは、一家の若い娘アンナマリアと知り合い、彼女に性の手ほどきをするため夫と3人でバリ島へと旅立つ・・・

昔は、年末の夜中にTVでよくエッチな映画をやってましたが、その代表作といえばこれですな。というわけで大晦日の長い夜をまったりと「エマニエル夫人」でお楽しみいただきますぞ。第一作はご紹介済みなので(こちら)、今回は第二作「続エマニュエル夫人」ですぞ。ちなみにエッチな幻灯機をのぞき見ながら、黒人のバレエ教師に後ろから犯られるシーンが私の抜きどころでしたな(41:00ごろ)。若い頃、夜中に家族の目を盗んでTVの前でチ○コ出して待っていたパパさんたち、思春期を懐かしく思い出しながら今夜は素敵な奥様とお二人でゆっくりご鑑賞いただくのはいかがですかな、ヒヒヒ。それでは皆さま、よいお年を。



  • 抜けた! (2)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。