洋画レイプシーン:エマニエル夫人/Emmanuelle

エマニエル夫人/Emmanuelle

シルビア・クリステル
バンコクに住む外交官の妻であるエマニエル(シルビア・クリステル)は、それなりに幸福ではあるが平穏すぎる日常に何処か退屈さを感じていた。そんなある日、エマニエルは知人の紹介で「性の儀式」を受け入れることになる。初めのうちは大人しかった彼女だが、次第に内に秘めた欲望を開花させ、性の解放とその真理を追求するため大胆な女性へと変貌していく・・・

いやあ、懐かしい。やっぱり名作ですな。そういえばシルビア・クリステル、亡くなりましたなあ。大変お世話になりましたな、合掌。で、エマニエル夫人のレイプシーンといえば、アヘン窟の輪姦シーンでしょうな(75:30あたりから)。それと結構好きなのが、最初の方でエマニエルとダンナのエッチを覗き見たボーイが発情しちゃってメイドをやっちゃうところ・・・ですかな(11:00あたり)



  • 抜けた! (1)
  • 抜けない! (1)

One thought on “洋画レイプシーン:エマニエル夫人/Emmanuelle

  1. いや~お世話になりっぱなしで
    今見るとソフトですけど
    シチュエーションとかはすごいですね
    土人?にボクシングさせて賞品にされて
    お尻をさしだしみんなに嘲笑されながら
    やられちゃうところが一番好きです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。