洋画レイプシーン:Bonitinha Mas Ordinaria

Bonitinha Mas Ordinaria

Lucelia Santos
1980年、リオデジャネイロ。マリア・セシリア(Lucelia Santos)は17歳の処女だった。父親である地元の有力者ウェルネック博士はマリアの結婚相手を見つけることをマネージャーのペイショートに命じた。ペイショートは、ウェルネックが経営する会社の従業員であるエドガーを推薦する。ある日、マリアとエドガーはデート中に車が故障したところを5人の黒人に襲われ、マリアはレイプされてしまう・・・

ブラジルの映画ですな。みんなで吸いついて・・・ずいぶんねちっこいですな



  • 抜けた! (1)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。