洋画レイプシーン:愛のエマニエル/Black Emanuelle

愛のエマニエル/Black Emanuelle

ラウラ・ジェムサー/カリン・シューベルト

アメリカのトップカメラマン、エマニエル(ラウラ・ジェムサー)はケニアのナイロビに降り立った。出迎えたのは、億万長者ジャンニと妻アン(カリン・シューベルト)。エマニエルは、アンが研究している熱帯植物の性生活の実態をカメラに収めに来たのだった。やがて彼女の歓迎パーティが始まるが、人々には自由があった。数日後、エマニエル達は写真撮影完成のため中央アフリカへ旅立つ。原住民の儀式に参加したりするエマニエルにジャンニは愛を告白した。だが、このこと知ったアンはジャンニに離婚を切り出す。エマニエルはこの地を去る決意を固めるが、もはや自由に生きることの素晴らしさを知った彼女は列車の中ではサッカーチームの面々に犯される。追いかけてくるジャンニだったが、再び、エマニエルは旅に出た。

今週の無修正フルバージョンはラウラ・ジェムサーさん、久々ですかな。というか、これ紹介していませんでしたな。ずいぶんと本家「エマニエル夫人」のパクリシーンが多いようですが、抜けたら「抜けた」と!

What do you think of this post?
  • 抜けない (3)
  • 抜けた (8)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。