洋画レイプシーン:冷たい一瞬を抱いて/Bastard Out of Carolina

冷たい一瞬を抱いて/Bastard Out of Carolina

ジェナ・マローン
1950年代サウス・キャロライナ。アニーは私生児ボーン(ジェナ・マローン)を産み、ウエイトレスとして働いていた時に知りあった男性と今度は幸せな結婚をしたと思ったのも束の間、彼は交通事故で逝ってしまう。その後アニーはアールの同僚グレンとつきあうようになる。今度こそ捕まえた幸せを逃したくないアニーは、グレンが実は酒癖が悪く、癇癪持ちで、怒ると何をするかわからなくなるということに気づいてからも、それを見て見ぬ振りをしていた。しかし、グレンは実はボーンに興味を持っていた。ある日、病院に入院しているアニーを見舞う途中の車の中で、グレンはボーンのスカートの中に手を忍ばせる・・・

ジェナ・マローン、若干11歳。体当たりの演技・・・というより鬼畜の所業ですな。ヤバいですな



  • 抜けない! (2)
  • 抜けた! (1)

One thought on “洋画レイプシーン:冷たい一瞬を抱いて/Bastard Out of Carolina

  1. もっと優しく愛撫して性奴隷にすればいいのにな。あまりにも乱暴すぎてさすがに抜けないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。