洋画レイプシーン:博士と私の危険な関係/Augustine

博士と私の危険な関係/Augustine

ソーコ

ある家でメイドをする19歳のオーギュスティーヌ(ソーコ)は激しくけいれんしながら倒れることが続き、右目のまぶたが開かなくなる。そこで神経症の女性患者が集まるサルペトリエール病院に入院し、評判が高いシャルコー先生の診察を受けるが、シャルコーはオーギュスティーヌに興味を持ち、彼女に催眠療法を施すことに。シャルコーがオーギュスティーヌの病気はヒステリーの一種だと考える一方、彼女のほうはシャルコーに愛情を感じだす。
明らかに誘ってるようなのでレイプシーンかどうかはわかりませんが、かわいいのでご紹介しますぞ。夏休み、街には薄着の若い女の子が溢れてますが、妄想は妄想だけにしとかないといけませんぞ。というわけで今週は「合意の上でも未成年は犯罪ですぞ特集」にしますぞ。

また「予約投稿の失敗」でしたな。失礼しましたぞ。


  • 抜けた! (2)
  • 抜けない! (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。