洋画レイプシーン:天国の口、終りの楽園。/And Your Mother Too

天国の口、終りの楽園。/And Your Mother Too

マリベル・ベルドゥ

フリオとテノッチは高校を卒業したばかりの17歳。各々のガールフレンドがヨーロッパへのバカンスでいなくなり、性欲を持て余していた。テノッチが有力政治家の息子ということもあり、財布に余裕がある2人は友人たちとパーティーを開いては酒やマリファナ三昧で遊び呆けていた。ある夏の日、2人はテノッチの親戚の結婚式で彼の従兄弟の妻である美しいスペイン人女性ルイサ(マリベル・ベルドゥ)に出会う。彼女の気を引くために口から出まかせで言った「天国の口」というビーチの話を最初は鼻であしらうルイサ。しかし、彼女の夫が突然、電話で不倫していたことを告白、ルイサはショックを受け泣き崩れる。そして2人に「天国の口」へ連れて行くように頼む。かくして3人は車で出発、道中身体を重ね、夜は馬鹿騒ぎし、些細な事で互いの秘密がバレて喧嘩になりつつ、夏のメキシコを走り抜ける。

これは観た記憶がありますな。やっぱり美しい人妻さんは、男の子たちの憧れですな。三角関係だろうと何だろうと、やらせてくれれば文句ないのが17歳の男の子ですな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (6)
  • 抜けた (23)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。