洋画レイプシーン:私は大丈夫/All Good

私は大丈夫/All Good

アンネ・シュワルツ

ヤンネ(アンネ・シュワルツ)は恋人のピエトとの共同ビジネスに失敗し、オフィスを引き払うことにした。そしてバイエルンの一軒家を改装していて引っ越す予定だ。ある日、同窓会に出席するため街へ出たヤンネは、昔の知り合いのロベルトと出会う。近況を尋ねられたヤンネが破産したことを打ち明けると、ロベルトは自社で雇えるかもしれないと気遣ってくれた。その時、ロベルトの義理の弟のマルティンが現れた。同窓会に参加したヤンネは、会場でマルティンと再び出会う。二人はパーティーで意気投合し、ヤンネはマルティンを家に案内する。しかし、ヤンネはマルティンにレイプされてしまう。その出来事に目をつぶろうとするヤンネだったが、思う以上に大きな傷を彼女の心と体に残していた。

リアルですが、重たいテーマですな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (1)
  • 抜けない (5)

コメントはこちら(承認制です)