洋画レイプシーン:ルールズ・オブ・アトラクション/The Rules of Attraction

ルールズ・オブ・アトラクション/The Rules of Attraction

シャニン・ソサモン
アメリカ北東部のニューイングランド。アメリカで一番学費が高いと言われているカムデン大学に通うローレン(シャニン・ソサモン)は、ある朝教室の前で名うての女っ垂らしショーンと出会い、お互いに運命的な何かを感じる。それでもローレンはヨーロッパ旅行中のヴィクターに恋心を寄せていたが、ショーンはローレンに本気で恋をする。一方、ローレンの元恋人でバイセクシュアルのポールはショーンに思いを寄せていた。やがて男女の恋の方位図が狂っていき、彼らにシニカルな恋の結末が訪れる。
激しく突かれる女の子の表情だけのシーンですが、なかなかいいですな。最後は気持ち悪くなるのでご注意を。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。