洋画レイプシーン:女性鬼/Teeth

女性鬼/Teeth

ジェス・ウェイクスラー
女子高生ドーン(ジェス・ウェイクスラー)は病気の母、義父、義兄と暮らしていた。彼女の通う学校の性教育の授業で使われている教科書では、男性器の挿絵は見る事ができるが、女性器の挿絵にはステッカーが貼られ見る事ができない。そしてドーン自身は地元の赤いリングを象徴とする貞操を守るグループに所属し、性的な事に関してはほとんど知らなかった。しかし、彼女はいつしかトビーというクラスメイトの事を意識し始める様になる。そしてドーンがトビーを町外れのある池に誘い出した時に、信じ難い出来事が起こる。

アソコに歯が生えているという女の子のアホな物語ですな。いちいち歯があたってチ○コが痛かったフェラチオの下手な昔の彼女を思い出しましたぞ。というわけで、今週はちょっとおバカな作品をお届けしてみますぞ。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。