洋画レイプシーン:House Of Lies

House Of Lies

ドーン・オリビエリ

マーティはコーポレート・コンサルタントとして、ジーニーを筆頭とする精鋭部隊と共に手練手管を弄して企業トップに取り入り、莫大なコンサルタント・フィーをせしめていた。マーティには同業者の別れた前妻のモニカ(ドーン・オリビエリ)がいたが、彼女は時間があるとマーティの元にやってきてドラッグとセックスを楽しむだけで、一人息子のロスコーは放任だ。そういう両親を見ていたロスコーは幼くしてクロス・ドレッサーになってしまい、学校のミュージカル製作「グリース」では、主人公のサンディを演じたがり、周囲を困惑させる。一方、次のビジネスの対立ライヴァルはモニカだと知ったマーティだが、いかんせん今回は勝算がなかった。

アメリカのコメディドラマのようですが、突かれてますなあ。


  • 抜けない! (4)
  • 抜けた! (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。