洋画レイプシーン:親切なクムジャさん/Sympathy for Lady Vengeance

親切なクムジャさん/Sympathy for Lady Vengeance

イ・スンシン
幼児誘拐・殺人の罪で13年間服役していた主人公クムジャ。その罪は濡れ衣だった。自分の子供の命を盾に取られ、彼女は真犯人の罪をかぶったのだ。いつもにこやかに服役仲間に接し「親切なクムジャさん」と呼ばれる模範囚の彼女だったが、娘との暮らしを自分から奪った真犯人への復讐を決意していた。出所した彼女は服役中に知り合った仲間と手を組んで真犯人を追い詰め、捕らえる。しかし真犯人の犠牲になった子供が一人だけではないことが判明。そして、犯人によって殺された子供たちの遺族による復讐が始まる。

世の中、レイプまがいのSEXがお好きなご夫婦もいらっしゃるでしょうな。共通の趣味を持つのは夫婦が長続きする秘訣だとか。小さな日々の幸せを大切にしたものですな。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。