洋画レイプシーン:Salige er de som torster

Salige er de som torster

Gjertrud L Jynge
オスロの記録的に暑い春の夜。現場に大量の血が流されているのに犠牲者がいない。不可解な三つの事件が起きたのは決まって土曜日。同じ頃、女子学生クリスチーナ(Gjertrud L Jynge)が自室で金髪の男にレイプされる。娘の父親は復讐を誓って男を捜しはじめたが、一方、美人警部補ハンネはこれらの事件の共通項を見つけだす。そこにはノルウェーの社会の歪みが隠されていた・・・

なんという手際の良さ! なんという鮮やかさ! これぞプロの仕事ですな。いずれは私も・・・いやいや、してはいけませんぞ。原作はアンネ・ホルトの「土曜日の殺人者」ですな



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。