洋画レイプシーン:パフューム ある人殺しの物語/Perfume: The Story of a Murderer

パフューム ある人殺しの物語/Perfume: The Story of a Murderer

カロリーネ・ヘアフルト

8世紀、フランス。類まれなる才能を持つ一人の孤児がいた。彼の名はジャン=バティスト・グルヌイユ。何キロも先の匂いを嗅ぎ分ける驚異の臭覚を持っていたが、なぜか彼自身には体臭がなかった。やがてグルヌイユは、パリの香水調合師バルディーニに弟子入りして香水の作り方を学ぶと、もっと高度な技術を持つ職人の街・グラースへと向かった。グルヌイユは、天使の香りのごとき至高の香水を作りたいと願っていた。それはパリの街角で出会い、誤って死に至らしめた赤毛の少女(カロリーネ・ヘアフルト)の香りだった。彼はグラースで、その運命の香りと再会する。それは裕福な商人リシの娘で、赤毛の美少女ローラが放つ香りだった。一方、脂に香りを移す「冷浸法」を習得したグルヌイユは、この世に唯ひとつの香水作りに着手する。そして、その日からグラースの街は恐怖に包まれた。若く美しい娘が、次々と殺されていったのだ。しかもすべての被害者には、髪を刈り落とされ、全裸死体で発見されるという奇妙な共通点があった。妻亡き後、命より大切なローラを守るために、リシは街を出る決心をした。

その昔、「洗ってないオ○ンチ○ンが好き」というちょっと変わったデリ嬢がいましたな。こっちもデリヘル呼ぶ日なんてのは朝も昼と立ちっぱなしで、辛抱たまらずちょっと出ちゃってる状態ですからな。さらにご期待に応えようと待ってる間にエッチなビデオ観て存分に立たせて、もちろんでシャワーも浴びずいるわけですな。そこへ到着するともう即尺ですな。パンツの上からクンクンと匂いを嗅ぎ、私を見上げてニヤリと笑うとおもむろにチ○コを引っ張り出して「クサーイ」なんて声をあげながら何度も嗅ぎ、そして口に頬張っては舌で舐めまわす、という行為に異常に興奮するんだそうですな。ただ、興が乗ると自分もシャワーを浴びずにそのままベッドへ引きずり込まれるのには閉口しましたな。私はどちらかというときれい好きですからな。

  • 抜けた! (2)
  • 抜けない! (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。