洋画レイプシーン:Los Padecientes

Los Padecientes

マリア・エウヘニア・スアレス

精神分析医のパブロのもとを若い女性のポーラ(マリア・エウヘニア・スアレス)が訪れる。ポーラの父親は有名な実業家で殺害された遺体で発見されていたが、その容疑者としてポーラの兄ハビエルが逮捕された。ポーラはハビエルには精神障害があり刑事責任は問えないことを証明してほしいとパブロに依頼する。パブロはポーラの依頼を受け入れハビエルを診断しするが、彼には精神障害があるだけではなく、父親を殺害する行為自体が物理的に不可能であることに気づく。

暴君のような父親に犯されていたんですな。最近、この手のニュースをよく聞きますな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (1)
  • 抜けない (6)

コメントはこちら(承認制です)