洋画レイプシーン:Johnny Firecloud

Johnny Firecloud

サチーン・リトルフェザー(マリア・クルズ)
ネイティブ・アメリカンのジョニーはアメリカ西部の小さな町に住んでいた。彼は絶えず人種差別に苦しめられていた。ある日、ジョニーは牧場主の娘との密会が見つかり激しくむち打たれ、警察に捕らえられる。彼の祖父は牧場主に抗議するが、リンチに合い殺される。また友人で小学校の教師をしているNenya(サチーン・リトルフェザー)はレイプされた。ジョニーの怒りは爆発し、血の報復を決意する・・・

サチーン・リトルフェザーさん、おっぱいデカイですが、これはいかにもって感じですな。そもそもこの人、マーロン・ブランドのアカデミー賞授賞式に“ネイティブ・アメリカン”の女性ってことで代理出席し、人種差別を訴えたまでは良かったけど、じつはマリア・クルズって女優だったことがばれてひんしゅく買ったいわくつきの人ですな。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。