洋画レイプシーン:告発者/I Accuse

告発者/I Accuse

エステラ・ウォーレン

シングルマザーのキンバリー(エステラ・ウォーレン)はある夜、病院の診察中に担当医のダリアンに鎮静剤を打たれレイプされてしまう。彼女は被害を訴えるものの、警察は取り合ってくれなかった。下着に付着した精液の痕跡を唯一の証拠としてDNA検査をおこなうが、ダリアンの血液とは一致せず捜査は打ち切られてしまう。それでも彼女は真相を暴くため一人で孤独な闘いに挑むのだが・・・

友人に医者はいませんが、やっぱりエッチなことは考えてしまうもんなんでしょうかな。そういえば「ゆりかごを揺らす手」という似たような作品もありましたな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (4)
  • 抜けない (7)

One thought on “洋画レイプシーン:告発者/I Accuse

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。