洋画レイプシーン:ホット・ブラッド/Hot Blood

ホット・ブラッド/Hot Blood

シルビア・クリステル

スペインの小さな町に、アメリカから二人の青年が流れ着く。この二人サムとリチャードは町の名士ドン・ルイスの銀行を襲うが、警官隊に包囲されてしまう。人質の中にはアリシアという娘がいた。アリシアの婚約者はドン・ルイスの息子フリオ。そしてリチャードはドンが捨てた先妻の子だった。サムは女子行員に金庫を開けさせながらレイプし、次に銀行支店長のシルヴィア(シルビア・クリステル)をレイプしようとするが、リチャードにとめられる。そしてアリシアを助けようと銀行内に潜入したフリオは弟のリチャードと対面する。

いやいやいや、もうもうもう私は嬉しさを通り越して感動すら覚えていますぞ。前半の女子行員のレイプシーンをご紹介したのは、このサイトを立ち上げて間もない2013年5月のことでしたな。そのシーンも私の大変なお気に入りですが、シルビア・クリステルさんのレイプシーンもあると知りぜひ観たいと思っていたところ、足掛け5年、ついに見つけましたぞ。エマニエル夫人から15年、37歳のシルビア・クリステルさんですな。おっぱいは揉みしだかれるだけで見えませんが、捲り上げられたスカートから覗くパンティとガーターベルトがとてもエッチですなあ。そしてきれいなお尻ですなあ。未遂ですが、私はもうこれだけで抜けますぞ。前半のレイプシーン(こちら)とともにお楽しみくだされ。

What do you think of this post?
  • 抜けない! (3)
  • 抜けた! (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。