洋画レイプシーン:El nino de barro

El nino de barro

マリベル・ベルドゥ
1912年のアルゼンチン、ブエノスアイレス。奇怪な連続幼児惨殺事件が続いていた。10歳のMateoは母ステラ(マリベル・ベルドゥ)にも言えず隠していた秘密がある。暗い幼児体験が原因か、夢や頭の中で連続殺人事件の現場を目撃してしまうのだ。まるで予言をするかのように事件が起こる直前に見えてしまう。母親に連れられて行った警察署ではなかなか信じてもらえず子供ながらも第一の容疑者候補に。しかし事件は止まることなく起こり続け、Mateoの言う事が信じられた頃物語は辛い結末へと展開する・・・

スペインの映画ですな・・・熟女のお尻がちょっと生々しい



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。