洋画レイプシーン:Bonnie’s Kids

Bonnie’s Kids

ロビン・マットソン

エリーとマイラ(ロビン・マットソン)の姉妹は、亡くなった母親の夫チャーリーと同居していた。酒を飲んでは姉妹に暴力を振るう継父は、マイラをレイプしようとする。それを知ったエリーは継父を射殺する。二人は唯一の肉親である叔父のベンの元へ向かう。ベンは裕福だったが、裏ではマネーロンダリングに手を染めていた。そしてエリーはそのことを知る。

さて、今週はなるべく可愛い女の子をご紹介しますかな。これもなんだかご紹介したような気がしますが、ありませんな。ロビン・マットソンさん、プロフィールによるとこの作品当時、16歳のようですな。今ならアウトでしょうが、16歳のおっぱいですな。いいです。大きいですな。独身時代に住んでいたマンションの隣に安アパートがありましてな。隣といっても駐車場をはさんでましたから、ちょっと距離はあったんですが、その安アパートに若いカップルが棲んでましてな。時々近所のマーケットで見かけましたが、彼氏の方は当時としては珍しくタトゥーをたくさん入れた奴で、彼女はぽっちゃりした可愛い感じの娘でしたな。私の部屋から彼らの部屋が見えたんですが、夏場などは窓を開けっぱなしでカーテンだけ閉めてエッチしている様子をよく見ましたな。時折、彼女のぽっちゃりした身体が覗いたりしてちょっとドキドキしましたな。そういえば、その彼女がデリケートゾーンを剃っているところを見たことがありましたな。次の日、海にでも行ったんですかな。丸出しのぽっちゃりした下半身を一生懸命に覗き込んで剃刀を使っていた場面が脳裏に焼きついていますな。懐かしいですな。まあその後、彼らが幸せに添い遂げたとは思えませんがな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (1)
  • 抜けない (6)

コメントはこちら(承認制です)