洋画レイプシーン:盲山/Blind Mountain

盲山/Blind Mountain

ホアン・ルー

大学を卒業したものの就職難で仕事がない白雪梅(ホアン・ルー)。弟の学費を稼ぐため、薬草を取りに行くというアルバイトを名目に山に連れて行かれる。その途中、ある村で一泊するが、目を覚ますと同行者の姿がない。白雪梅は、自分が農村の独身男性がいる家に身売りされたことを知る。部屋に閉じこめられ、強姦され、暴力を振るわれる日々に白雪梅は何度も逃走を試みては失敗する。村にいる女性のほとんどは騙されて連れてこられたという。その女性たちは跡取りの男の子を産むためだけに存在し、奴隷同様に扱われていた。逃げても逃げても連れ戻され、暴力を振るわれるうちに自分の人生を諦めてしまっている。そしてついに白雪梅にも子どもが出来てしまう。しかし、白雪梅は諦めきれず、ついに逃げ出す機会を手に入れるが・・・。

舞台は1990年代終盤ということですが、中国農村部では今でもこんなことがあるそうですな。


  • 抜けない! (9)
  • 抜けた! (8)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。