洋画レイプシーン:ビー・デビル/Bedevilled

ビー・デビル/Bedevilled

チ・ソンウォン/ソ・ヨンヒ

ソウルの銀行に勤める独身女性ヘウォン(チ・ソンウォン)は、トラブルとストレスだらけの都会生活から逃れるように、子供の頃に暮らした思い出の島を訪れる。そこは、たった9人の住民が暮らす絶海の孤島。彼女を出迎えたのは、生まれてから一度も島から離れたことがない幼馴染みのキム・ボンナム(ソ・ヨンヒ)だった。人なつっこい笑顔でヘウォンの帰郷を喜ぶボンナムだったが、明るい表情の陰には、地獄のような苦しみに耐えてきた日々があった。昼は村の老人たちに奴隷のようにこき使われ、夜は男の慰み者。さらに、夫からの暴力も日常茶飯事。人としての価値も尊厳も踏みにじられながら、たったひとつの希望を胸に、地を這うように生きてきたのだった。神にすがるような思いで、自分をソウルに連れて行ってくれるよう、ヘウォンに懇願するボンナム。だが、面倒事から逃れようと島を訪れたヘウォンにとって、それはボンナムのわがままであり、彼女にとってはただ煩わしいだけだった。そんなある日、ついに取り返しのつかない悲劇がボンナムを襲う。その瞬間、この美しい島を地獄絵図に変える惨劇の幕が開いた。

なんでも実際に起こった三つくらいの事件をもとに映画化したそうですぞ。後半はホラーですが、前半はエッチですな。いいですな。こんな女が私も欲しいですな。ちなみに私もスカートの中に潜り込むという行為は大好きですぞ。



  • 抜けない! (5)
  • 抜けた! (1)

2 thoughts on “洋画レイプシーン:ビー・デビル/Bedevilled

    1. うむ、それはありだと常々思っておりますぞ。
      ただ、洋画、邦画とざっくりカテゴライズしたところから始めてしまいましたのでな、どうしたもんかと思案中ですぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。