洋画レイプシーン:バッド・ボーイズ/Bad Boys

バッド・ボーイズ/Bad Boys

アリー・シーディ

都会シカゴに注む16歳の高校生ミック・オブライエンは、札つきの非行少年。遂に少年刑務所送りとなった。彼が少年刑務所送りとなったその事件はかなり重いものだった。敵対するパコのグループが、黒人グルーブと麻薬類の取引きをすることを知った仲間カーの報告で、それを横取りしようと企むミック。しかし、パコの仲間が胸を撃ちぬかれ、カールもまた死んだ。パトカーに追われるミックは、動転のあまり1人の少年をはねとばしてしまう。その死んだ8歳の少年はパコの弟だった。ミックは簡易裁判所で判決を受け、レインフォード少年刑務所送りとなったのだ。ミックを愛するクラス・メイトのJ.C.ワレンスキー(アリー・シーディ)に見送られて、ミックは少年刑務所に向かった。一方シカゴでは、パコの復讐が始まっていた。JCは彼に犯され、その事を知ったミックはショックを受ける。やがてパコがレインフォードに送り込まれてきた。そしてミックはパコとの死を賭けた最後の闘いを展開した。

ショーン・ペン主演作ですな。ここには出てきませんがな。ちょっと暗くてわかりづらいですが、アリー・シーディさん、いい太ももしてますな。まだ二十歳そこそこですぞ。お若いですな。名作レイプシーン”Macon County Jail“はこの15年後ですな。どちらも体当たりのお芝居ですな。20歳のレイプシーンと35歳のレイプシーン、ぜひ見比べてくだされ。



  • 抜けない! (4)
  • 抜けた! (3)

3 thoughts on “洋画レイプシーン:バッド・ボーイズ/Bad Boys

  1. 以前、ここのサイトで”Macon County Jail“によく似たレイプシーンがアップされてましたが、何という作品か覚えていませんか?シチュエーション等もそっくりで、女優さんは熟女でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。