洋画レイプシーン:ザ・レイプ・ハンター/Act of Vengeance

ザ・レイプ・ハンター/Act of Vengeance

ジョー・アン・ハリス
牧場での仕事を終えたリンダ(ジョー・アン・ハリス)は、帰宅しようと車のドアを開けた瞬間、車の中に潜んでいた男に突然襲われる。男はホッケーマスクをしており顔は見えない。殴られ気を失ったリンダを凌辱するレイプ魔。気が付いたリンダが悲鳴を上げると、レイプ魔はジングルベルを歌うよう要求する。そして歌と共にリンダの中で果てたレイプ魔は立ち去っていった・・・

このジングルベルの歌は何でしょうな。いろいろな趣味がありますな。



What do you think of this post?
  • 抜けない (5)
  • 抜けた (6)

One thought on “洋画レイプシーン:ザ・レイプ・ハンター/Act of Vengeance

  1. 大昔、深夜にこの映画が吹替え版で放送された時に、観ました。
    で、このシーンでレイプ魔は、次のような主旨のセリフを言ってました。
    「事が終わるまで、ジングルベルを歌うんだ。
     そうすればお前は、クリスマスが来る度に今夜のことを思い出す。
     俺のことを一生忘れられない。さあ歌え! やめたら殺すぞ!」
    とのことでした。
    ジングルベルの意味とは、実に嫌らしい精神虐待だったわけです。

コメントはこちら(承認制です)