洋画レイプシーン:時計じかけのオレンジ/A Clockwork Orange

時計じかけのオレンジ/A Clockwork Orange

エイドリアン・コリ
舞台は近未来のロンドン。クラシック音楽、中でもベートーベンをこよなく愛する15歳のアレックス・デラージをリーダーとする少年4人組”ドルーグ”は、今夜もコロヴァ・ミルク・バーでドラッグ入りミルク”ミルク・プラス”を飲みながら、いつものように夜の世界の無軌道的な暴力行為”ウルトラヴァイオレンス”の計画を立てていた。酔って寝ていたホームレスを棍棒でめった打ちにする。ほかの不良グループは少女を強姦すべく、廃墟に連れ込み血気盛んに衣服を剥ぎ取りベッドに押し倒すが、見計らったかのようにアレックスたちが現れ、全員を棍棒で叩きのめす。その乱闘中にサイレンの音が近づき、アレックスたちは逃走する。興奮冷めない一行は盗んだ車で郊外へ走り、困窮を装って助けを求め、親切心から扉を開いた作家の家にマスクを被って押し入り「雨に唄えば」を歌いながら暴れ、作家を押さえつけ目の前で作家の妻(エイドリアン・コリ)を輪姦した・・・

昔、付き合ってた彼女とリバイバルを観に行きました。なんかカッコいいかなって、どんな映画かも知らず・・・。彼女にドン引きされ、苦い思い出たっぷりの映画です。



What do you think of this post?
  • 抜けない (6)
  • 抜けた (8)

コメントはこちら(承認制です)