洋画レイプシーン:ティナ/Tina

ティナ/TINA

アンジェラ・バセット
姉に連れて行ってもらったナイトクラブでアンナ(アンジェラ・バセット)は人気ロック・グループのリーダー、アイク・ターナーと運命的な出会いをする。アンナのダイナミックな歌声に才能を見いだしたアイクは、さっそく彼女をスカウトし、ティナと名付けた。アイクに恋をしたティナだったが、彼は女性関係にルーズで、女に暴力をふるう人物だった。アイクはティナと結婚し、バスでの巡業を開始した。2人の間に2人の子供も生まれたが、出産後強引にメキシコ・ツアーへ参加させられたとき、バック・コーラスの女性との浮気が相次いで発覚した。そのうえ、アイクの暴力がひどくティナの顔は始終アザだらけだった。

ティナ・ターナーの自伝ですな。昔、観ましたぞ。もうボコボコにされてましたな。旦那のアイクは確か数年前に死にましたな。どうもろくな死に方ではなかったようですな。いけませんな、こういうことしては。



  • 抜けない! (1)
  • 抜けた! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。