洋画レイプシーン:ブラック・ローブ/Black Robe

ブラック・ローブ/Black Robe

サンドリーヌ・ホルト
1634年、ケベックではインディアンへの布教活動がカトリック教会によって行なわれていた。黒い僧衣のため“ブラック・ローブ”と呼ばれる伝道師ラフォーグは、ヒューロン族の住む村への伝道の旅を命じられる。彼の道先案内人はチョミナ率いるアルゴンキン族の者達であった。大工のダニエルを供に連れたラフォーグの旅が始まる。道中、呪術師にラフォーグは悪魔だと聞かされたチョミナ達はラフォーグを置いて、立ち去ってしまう。チョミナの娘アヌーカ(サンドリーヌ・ホルト)を慕うダニエルもまた彼の元を去ってしまうが、ラフォーグとの約束を破った事を恥じるチョミナはアヌーカやダニエル等を連れて、彼の元に戻る。戻ったチョミナ等とラフォーグはそこでイロコイ族の襲撃を受け、捕らえられ、拷問を受ける。

サンドリーヌ・ホルトさん、かわいいきれいなおっぱいですな。突かれてますな



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。