洋画レイプシーン:Cellat

Cellat

Emel Özden/Melek Ayberk

オルハンは建築家として成功し、美しい妻フィリズ(Emel Özden)と裕福な生活を送っている。また、彼の妹のセヴジ(Melek Ayberk)も夫と幸せな結婚生活を送っていた。彼らは仲がよく、夫たちが仕事に出かけるとフィリズとセヴジは二人で楽しく時間を過ごしていた。そんな彼らに不幸が訪れる。突然、オルハンの家に3人組の男たちが押し入ってきた。男たちは数日前、街でオルハンとトラブルを起こしていたのだが、その仕返しが目的だった。男たちはフィリズとセヴジの二人しかいないことを知ると、彼女たちに暴力を振るいレイプした。そしてフィリズは命を落し、セヴジは精神を病んだ。深い悲しみに暮れるオルハンだったが、彼は男たちへの復讐を誓い、銃を手に取る。

これはずいぶん前に見つけた詳細不明の作品だったんですがな、ようやくわかりましたぞ。なにやら聞いたことのあるストーリーだと思ったら、別名は”Turkish Death Wish”で、“Death Wish(狼よ さらば)”のトルコ版リメイク作品ですな。なんと発音するのかわかりませんが、Emel Özdenさん、いい乳した人妻さんですな。そのいい乳は見せてくれませんが、パンティとストッキングを引きちぎるところは興奮しますな。一方、Melek Ayberkさんは乳を見せてくれてありがたいですな。ところで3人目の方は途中だったんじゃないですかな。これは見てる方もスッキリしませんな。私だったら断固抗議しますな。


  • 抜けた! (7)
  • 抜けない! (5)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。